--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.09.24

王滝終わって (なにげに長文)

04251BCH1.jpg

なんか去年と違って、乗りたい走りたい気持ちが大きいな。
去年はあんまり乗りたいと言う気持ちが湧かなかった。
気持ちの上で一段落ついたって感じやったんかな…。
第一期終了みたいな。(笑

ほなこれからが第二期っちゅうわけですかね。


初出場の一昨年は完走目的ながら出せるものは出しきるつもりで走って8時間22分。
途中から腰が痛くなり出してたまらんかったな。
ゴールした時は自分に感動してしまった。
よー走り切ったなと。

二回目の去年は前年の一時間切りの7時間22分切りを目標にして結局7時間35分。
今考えたら、コース変更の恩恵を受けてた結果の様。
CP1に行くまでに腕はダルいわ腰は痛いわで登りの度にちょっと走ったらストレッチ。
走り出したら前走者をパスして行けるのにストレッチで止まって抜かれてしまう二進一退を繰り返してた。
CP3の時点でまだ何とか間に合いそうな感じだったけど、走り出したら腰に来てしまって3~4回止まってストレッチ。
下りでは結構飛ばしたし、最後のフラットな区間も漕げるだけ漕いだけど結局間に合わず。
でも、出せるものはほんとに出し切った結果なのでしょうがない。
自分のレベルがそれだけでしかなかっただけ。
でも、今の調子のまま来年出れば「7時間切りは何とか行けるかな」と、次回の目標に。

で、ここでなんか糸が切れてしまったみたいで。(笑

この後ほんとに数える程しか山上がらなかったな。
そんなんやから春の北部ツーでは全然足廻らないし。
花背峠ツーではそこそこいい感じやったけど、その後雨だの、暑いだので結局梅雨明けに二回、9月入ってから一回舗装路走ったのと、M林道一回だけ。

でも、まだ7時間切りの目標は捨てず。

三回目の今年は当然の様に8時間01分ちょっと。
目標から1時間以上オーバー。
コースは変更無しのノーマルコースに戻ってたので、CP1着は前年より15分遅れの3時間。
CP2着は去年とほぼ同じだったので走るスピード自体は去年より早い感じ。
でも、この時点で7時間切りはほとんど無理。
それでも、去年の目標はクリアしたいと走り出す。

が、無限坂越えて下って次の登りの途中でふと…。
「CP3からの登り、あんなん登れるわけないやん」
ケツいてーし、腕だりーし、なんか腰も来てるし、頭もいてーし…。
「…無理やん」
「CP3着いたらリタイヤしよかな…」

えぇ、いきなりボッキリ来ましたよ。
何気にCP3からの登り嫌いなんです。

心折れてからCP3までの下りはダレてました。
CP3着いたらふて寝したった。

寝転びながら
「でも…、後ちょっとやん」
「がんばれ俺」って再スタート。
で、また登り出したけど、「無理無理無理」。
で、何とか見晴らしのいいとこで残ってる行動食ヤケ食い。
景色見たり、登って来る人見て「あぁ、この人らどっかで抜いたなぁ…。」
頑張ってる皆の姿のおかげで何とか重い腰上げて再スタート。
登ってちょっと下ってまた登って知らん間に最後の下りへ。
転けない程度にそこそこ飛ばし、最後のフラットなところも重い足で漕げる程度に漕いだ。
ゴール後は、考えの甘さ、あっさり諦めた自分の不甲斐無さやらでなんか泣けてきた。


今年の結果はもうどうしょうも無かったけど、来年もう一度7時間切り目指すつもり。


今は走りたい気持ち、走りたい山がたくさんあるので、王滝の為のMTBではなく、買った頃みたいにMTBが楽しめそうです。

今度の日曜は久々にのんびりペースでOSY-SKD-K尾根-TKDで高槻の方に抜けてみようと思ってます。




スポンサーサイト

Posted at 00:36 | MTB | COM(9) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。