--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.02.05

ツボ、シュー、シール

先週末またまた大山に行って来たわけですが、今回はツボ足でのハイクにしてみました。

大山に通い出して数年はずっとシールでハイクしてたのですが、昨年1090さんと行った時に初めてスノーシューでのハイクをしました。
その時は新雪が降り積もって5合目辺りからラッセルとなり、尾根上を直登するこのコースだとシールよりも有利だと思いました。
で、先月8日に行った時もシューで登ったのですが、その時はトレースも完璧に付いていて、シューだと却って歩き辛く、この状態だとツボ足の方が有利だと思いました。

それで今回はツボでハイクしたのですが、やはりトレースが付いた状態だと背負う板も軽くなったのもあってこちらの方が遥かに早いですね。

ただ、板背負うと木の枝に引っ掛けてしまい、枝に付いた雪を被ってえらい冷たい思いをしました。
それが頻繁にあるのでちょっと煩わしいです。


4合目辺りかな?
201221BCH1.jpg

ガスガスの六合避難小屋。
201221BCH2.jpg
こんな近かったっけ?って思うぐらい今までで一番早く着いた様に思います。
雪もかなり増えました。

六合から米子方面。
201221BCH3.jpg
…何も見えん。

弥山も当然見えるわけないですね。
201221BCH4.jpg

六合から上部はクラストしてるし視界も悪いので上に行くのは諦めて、登山道沿いに少し滑り下りたところで登山道を登って来たソロスキーヤーとしばし談笑。
倉敷の方で白馬のリバーランズに何度か行かれてまた次ぎ予約入れてるとの事。
ちなみに今回持って行った新しい板のビンディングの取り付けはリバーランズの佐藤さんのお仕事だったり。
そんなこんなでちょっと世間の狭さを感じてたりしたら、上から上半身裸の兄ちゃんが下りて来てビックリ。
大丈夫なのかと聞いたら、「2℃程度だと暑くってしょうがない」とのこと。
そう言いながらまた小走りで下りて行かれました。
色んな人がいるなと感心。
写真撮っといたら良かった。


その後五合半辺りまでもう少し滑り降りてから西側樹林帯へIN。
201221BCH6.jpg
雪は少々重めながらもなかなかの雪質。
大山侮り難し。

気持ち良く一本滑って再度五合目までハイクアップ。
二本目ともなると流石に上から下りてくる人も多く、急なところはグリセードで下りられるのでトレースがツルツルになってかなり歩き難い。
二本目はアイゼン付けた方が良さげでした。

再度五合目まで上がって、東側の常行谷と迷うもまたまた西側樹林へIN。
今度も気持ち良く滑って微妙な時間となったので終了としときました。

大山BC、登行方法の選択も楽しみの一つかも知れませんね。



Posted at 00:55 | ski | COM(2) | TB(0) |
2012.01.28

おNew

Atomic Charter176  129.5/100/119.5 r18
2012128BCH10.jpg
ビンディングの調整とワックスがけ終わりました。


ノーズはこんなん。
2012128BCH11.jpg
いわゆるロッカーティップってやつですね。
新雪で浮きやすいって言う。
テールはノーマルです。

ビンディングは Marker TourF12
2012128BCH12.jpg

このセット、取りあえず軽いです。
担ぐのも楽そうでいい感じ。

明日の大山BC行き、奥様のお許しも貰えたので持って行こうと思います。



Posted at 15:38 | ski | COM(2) | TB(0) |
2012.01.28

'12.01.21-22. 白馬BC

今回はバンヤクラフトBCツアー2Daysでした。

初日は栂池BC裏ヒヨ若栗。
2012128BCH1.jpg

2012128BCH2.jpg
思ってたよりずっと良い雪で、見た限りでは他に4~5グループいたぐらい。
同じコースでは他に2グループかな?
御陰様で気持ち良く滑れました。

2日目は八方BC。
2012128BCH3.jpg
曇りの予報が大ハズレ。
快晴の下、無名~ガラガラ。
ここのオープンバーンはやっぱり気持ちいいですね。

2012128BCH4.jpg

2012128BCH5.jpg

2012128BCH8.jpg
                               photo by aya    

2012128BCH6.jpg

2012128BCH7.jpg

この2日間、雪質、天気に恵まれいいツアーになりました。
今回ガイドして頂いたBYC松原さん、いろいろ手配してくれたayaさん、車出してくれた板さん、それとまっつん、有り難うございました。

またよろぴこ。



Posted at 00:56 | ski | COM(5) | TB(0) |
2012.01.25

Mission Impossible

2012124BCH1.jpg

思ったより箱がでかかったのでちょっと驚きましたが、無事搬入成功。
しれっと他のと一緒に混ぜとこ。(笑


次のミッションは週末の大山行きをどう切り出すかですな。(爆



Posted at 00:24 | ski | COM(4) | TB(0) |
2012.01.10

'12.01.08 大山BC

今期初BCで鳥取県の大山に行って来ました。
先週序盤から天気予報見ながら伊吹山にしようか大山にしようか迷ってたのですが、結果的に大山大当たりでした。
予報もちょっと微妙な感じだったので、あまり期待せずに6合目以下の樹林帯でパウダー行けたら良いなと言う程度で前夜9時頃出発。
現地に近付くにつれて積雪も増え、麓の高原道路では確実に去年より多く、駐車場に着いて雪の様子見てみたらなんとフカフカ。
深さもかなりあります。

ちょっと興奮しつつ車に戻って就寝。

予報では一日中曇りでしたが、明けてみればスッキリ晴れてます。
しかし、睡魔には勝てずしばらくシュラフの中でうだうだ。

周囲の人達が準備して出発して行くのを横目にやっと朝ご飯食べて、のそのそ準備して8時過ぎに出発。
予定では、6合目から西沢一本、登り返して5合目からまた西沢一本、余裕見て再度5合目まで登って常行谷滑降のつもりなので、のんびりです。


三合目辺りで。
201219BCH1.jpg
今回はスノーシューで来ましたが、アイゼンの方が良かったです。
選択ミスでした。


5合目の樹氷
201219BCH2.jpg

6合避難小屋。
201219BCH3.jpg
言う程埋まってません。
ここで滑る前の腹ごしらえやら、方々撮影やら足場のいいとこでピットチェックやら。
雪の状態はかなり良かったです。

201219BCH5.jpg
201219BCH6.jpg
201219BCH7.jpg
201219BCH8.jpg
201219BCH9.jpg
ぼちぼち行こうかと思いつつ、ブログチェックなんぞしてみたら、岡山の野人さんからコメントで大山に来られてるとの事。
出来れば挨拶だけでもしておきたかったので、予定変更して登る事にしました。

歩き出したら間無しに6.5合目辺りにそれらしい方が。
声をかけたらやはり野人さん。
ご友人のいけしゅんさんとご一緒でした。
久々の挨拶の後しばし談笑、今日のコンディションは滅多に無く、西面も絶好との話しを頂き予定を切り替えもう少し上がって草鳴社谷を滑る事に。
こちら側はいつもカリカリなのでザラメの時期にタイミングが合えばと思っていた所。
確かに今日の雪なら最高だろうと向かいました。


ドロップポイントから
201219BCH10.jpg
上部はちょっとカリってますが、数メートル下がったらもうフカフカ。
様子みつつ数ターンして一旦止まって、ライン見てスタート。

201219BCH11.jpg
201219BCH12.jpg
もう最高に気持ち良かったです。

あとは道路に出るまで薮の中。
201219BCH13.jpg
左の沢に入ったら思いのほか薮が酷かったです。(笑
しかし下までずーっとパウダーで最高に気持ち良かったです。

道路に出たら再度5合目を目指して登山道へ。
登り出したら、下りて来た登山者に「あれ?ひょっとして2本目?」てな事を結構な数の人に言われました。(笑
何人かには登り返す話しをしてはいましたが、なんだかんだ皆周りの人見てるんですね。

んで、再度5合目。
201219BCH14.jpg
201219BCH15.jpg
ここから、登山道西側の樹林帯をまた道路まで。
こちらもまたまたしっとりフワフワパウダーを気持ち良く滑れました。

大山最高ー!

今回は期せずして西側の大斜面を滑る事が出来ました。
情報下さった野人さん、いけしゅんさんお世話になり有り難うございました。
またお会いしましょう。





Posted at 00:36 | ski | COM(5) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。